プロフィール

hiero(仮)

Author:hiero(仮)
当初はMHFメインだったものの、気づいたらマゾゲやったりエロゲやったりゲームレビューを書いたりと、どこへ向かっているのか自分でもよくわからないブログ。

メールはコチラ
感想・質問など何でもどうぞ。

忘れてましたがリンクフリー。ただ余り大きい所にリンク張られると中の人がビビるのでご注意ください。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
2009年プレイした全ゲームをレビューする試み その3
最終回!来年はこんなのやらねぇ!
と心に誓いつつ、本日のラインナップは以下の通り。


【PSP】 20本
アイドルマスターSP
Ever17
機動戦士ガンダム戦場の絆ポータブル
ブランディッシュ
空の軌跡FC
七魂クロニクルオブダンジョンメーカー
ペルソナ
グローランサー
ワイルドアームズ クロスファイア
初音ミク プロジェクトディーヴァ
イースⅠ&Ⅱクロニクル
パンヤポータブル
イース7
勇者30
実況パワフルプロ野球ポータブル4
マクロスアルティメットフロンティア
エルミナージュⅡ
Jリーグプロサッカークラブをつくろう!6
機動戦士ガンダムVSガンダムNEXT PLUS
ときめきメモリアル4

【DS】 12本
幻想水滸伝ティアクライス
女神異聞録デビルサバイバー
国盗り頭脳バトル信長の野望
ファミスタDS 2009
タクティクスレイヤー
無限航路
ドラゴンクエスト9
ラブプラス
アイドルマスターディアリースターズ
真・女神転生ストレンジジャーニー
もえたんDS
極限脱出 9時間9人9の扉


携帯ゲーム機より。本数多すぎワロタ。
お約束の注意事項。しつけぇ!と思われるかもしれませんが、ピンポイントで飛んできた人のためということでご了承くださいませ。

※「2009年に発売したタイトル」ではなく「2009年に俺がプレイしたタイトル」である点にご注意ください。
※個人的なオススメタイトルには★を付けてます。最大は★★★。ほとんどが★無しなので、1つ付いてるだけで俺的にかなり満足できたゲームであるということ。
※タイトルによってテンションがバラバラなのは書いてる日付が違うせい。
※余りウケとか狙ってない割と真面目なレビューです。


以上を踏まえ、以下レビュー本文へ。
色々とメロメロです。


【PSP】
『アイドルマスターSP』
パーフェクトサン・ワンダリングスター・ミッシングムーンと3バージョン全部買ったけどプレイしたのはサン1キャラクリアとスター1キャラ途中まで。ムーンは開封もされてないな……
内容はというと、PSPにしては頑張ってる出来。モデルやモーションなど、ちゃんとアイマスになってる。ただ、やっぱりこれは高性能な据え置き機でやるべきゲームだと思う。次はPS3か360でお願いします。

『Ever17』 ★★
名作アドベンチャー。衝撃を受けたという意味では俺がプレイしてきたゲームの中でもトップ3に間違いなく入る。多少途中の展開がダルいという欠点はあるものの、テキストアドベンチャー好きな人なら是非最後までプレイして欲しい作品。
……実はこのPSP版は途中で止まってるんだけどね!いやオチを覚えてるだけに、イマイチ気分がですね。

『機動戦士ガンダム戦場の絆ポータブル』
正直あんまり覚えてないけど、凄く地味だった印象。今年プレイしたガンダムゲームでは一番のハズレだったかもしれない。まぁこれに関してはゲーセンのデカい筐体でプレイしてナンボだろうと思う。

『ブランディッシュ』
ファルコムお得意のリメイク商法。元は約20年前のアクションRPG。割と良く出来てたんだけど、結局途中で投げ出してしまった記憶が。

『空の軌跡FC』
これもファルコム。PSPのオススメゲームの話題になると必ず顔を出してくるRPG。ただ個人的にストーリーは凄く面白かったものの、ミニクエストのお使いっぷりに疲弊してしまい。結局続編であるSCは未だ手つかず。果たしてプレイする日は来るのであろうか……

『七魂クロニクルオブダンジョンメーカー』 ★
自分でダンジョンを作ってそこに魔物を呼び込みそいつらを狩るという、何とも不思議なコンセプトのシリーズ3作目。やることはひたすらチマチマダンジョン作成と地味で、キャラデザもメイン所が余りに尖り過ぎててアレなんだけど、妙な中毒性があるゲーム。ダンジョン作成に浪漫を感じる人にはオススメ。

『ペルソナ』
昔PS1で発売された初代ペルソナのリメイク。PS1版をフリーズのせいで挫折してしまったため、個人的にはリベンジ出来た今作は割と満足。戦闘中のペルソナ召喚演出をスキップ出来るようになった点は非常に有り難い。
ただ全体的に漂う古臭さや、改悪としか思えないBGMの差し替えなど、ペルソナ3や4からシリーズを始めた人にはイマイチオススメしづらい出来。でも2のリメイクには期待してる。BGMは昔のままでお願いしたく!

『グローランサー』
これもリメイク。戦闘がリアルタイムシミュレーションっぽい感じのRPG。シリーズの中でも人気の高い1作目だけに、普通に楽しめた……んだけど、結局追加シナリオは未プレイ。つーか追加キャラの音声は何故あんなに酷いことになってしまったのだろうか。

『ワイルドアームズ クロスファイア』
一部で人気の高いRPGワイルドアームズシリーズがシミュレーションRPGになりましたというゲーム。ステージごとに適した職業に変更して攻略するシステムなんかは割と独特できっちり作られてるという印象はあったものの、職業変えると装備が全部付け直しになったりと面倒な仕様も。その辺で結局投げてしまったという。

『初音ミク プロジェクトディーヴァ』 ★
初音ミクのファンアイテムとしては非常に優れた作りのリズムアクション。ミク好きならやっとけ、そうでないなら絶対触れるな、そんなゲーム。詳しいレビューは過去記事を参照してください。

『イースⅠ&Ⅱクロニクル』
ファルコムお得意のリメイク商法。何回目のリメイクだこれ。音楽良し、キャラ良し、しかしゲームとしてはさすがに古い。「半キャラずらし」が何なのか知りたい人、イースの原点を求めてる人なんかにはオススメ。

『パンヤポータブル』
可愛い女の子キャラを着せ替えてゴルフさせるゲーム。元はオンラインゲーム。クーやアリンの可愛さはガチ。ゴルフゲームとしては割とマトモというか普通の作り。パンヤッ☆

『イース7』 ★★★
個人的に大満足したアクションRPG。コンパクトで綺麗にまとまったシナリオ、上質なサウンド、スピード感がありながら決して大雑把にはなっていないアクション部分。
リメイクばっかりだと思ってたらちゃんと良いゲーム作れるじゃねーかファルコム!と思わせてくれたゲーム。素晴らしかった。詳しいレビューは過去記事を(ry

『勇者30』
暇潰しに買ったら、本当に暇潰しになったゲーム。RPGやアクション、リアルタイムシミュレーションなど様々なジャンルのゲームが「基本的に1ステージ30秒で終わる」というコンセプトになっているのが面白い。まぁ実際にプレイすると余裕で30秒以上かかるのが多いけど。あとRPG以外の出来がイマイチだったようにも感じる。

『実況パワフルプロ野球ポータブル4』
いつも通りのパワプロだった。完成された野球パートと、豊富過ぎるゲームモード。如何せんパワプロに飽きてしまっていた俺はすぐに投げてしまったけど。じゃあ何故買ったのかって、高校野球の監督になれる情熱モードが面白そうだったからだよ!(※面白くなかった…)

『マクロスアルティメットフロンティア』
チュートリアルだけプレイして放置中……何で俺はガンダムゲームはアホみたいに遊ぶくせに、マクロスはすぐ止めてしまうんだろう。思い入れの差なのだろうか。
アクションとしては良く出来てると思うんで、来年あたり本格的にプレイすることがあればまたレビューに登場するかもしれない。しないかもしれない。

『エルミナージュⅡ』 ★★★
俺が初めてハマったウィーザードリィ系RPG。感情移入を助けてくれるフェイスロード機能に、意外と重くて胸にくるシナリオ、そして徹底的とも言えるユーザーへの親切設計の数々。素晴らしいの一言に尽きる。詳しくは過去のレビューを(ry

『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!6』
サターンから続きシリーズの最新作。快適さを意識して作られてるのは好印象、システムも昔ながらのサカつくで……だけど個人的にはイマイチハマりきれず。結局サターンとドリキャスでやり過ぎたというのが大きいと思われる。あと実況が無いのはやっぱり寂しい。そして俺は今のJリーグ選手がサッパリわからない……!

『機動戦士ガンダムVSガンダムNEXT PLUS』
ガンダムの対戦型アクション。前作は速攻で投げたけど今回は何気に長く遊んでる……といっても会社の昼休みに同僚とチマチマNEXTプラスモードを遊んでる程度でしたが。これが結構楽しい。
機体ごとの特徴もちゃんと出ているし、NEXTダッシュのおかげでスピード感もある。アクションゲームとして良く出来てると思う。1人でプレイしてたら速攻で投げてた気もするけど。

『ときめきメモリアル4』
現在進行形で2キャラ目攻略中。ときメモのプレイ自体1作目以来だけど(GSはノーカウントでお願いします)、何というかまさにときメモ。これぞときメモな作り。キャラデザは地味だけど実際にプレイすると余り気にならず、至る所が丁寧に作られている印象。
音にこだわって作ったという話の通り、イヤホンを付けてプレイすると世界が変わる。特に幼馴染みに朝起こされるシーンはヤバい。本当に耳元で囁かれているかのような感覚が悶え転がるくらいヤバい。というか幼馴染みが可愛い。凄く可愛い。ヤバいよ!!(<うるさいよ)


【DS】
『幻想水滸伝ティアクライス』
俺的ガッカリゲー。キャラやシナリオなんかは悪くなかったんだけど、色々なところでストレスを感じさせる作りになってるのが苦痛だった。でもネットの評価とか見ると結構高そうなのよね……俺がちょっとズレてるだけなのかもしれない。

『女神異聞録デビルサバイバー』 ★★
女神転生系では昔SFCで出た魔神転生以来となるシミュレーションRPG。女キャラの乳ばかり印象に残ってるけど、ゲーム的に見ても高レベルでまとまっていたように思う。しかし1月にプレイしたゲームのせいか、細部が思い出せない……うむむ。

『国盗り頭脳バトル信長の野望』
ネットのレビューサイトなどで妙に評判が高かったのでプレイしてみたゲーム。シミュレーションというよりは詰め将棋に近い作りで、独特なルールが非常に上手くまとめられている。ただ何故か早い段階で投げてしまった記憶。何でだっけ……

『ファミスタDS 2009』 ★
春先にサルのようにプレイしてたゲーム。その名の通りファミスタ。昔ながらの感覚で遊べるファミスタ。
今のゲームとしては色々とシンプル過ぎる印象もあるが、ひたすら試合でポイントを稼いでガチャガチャを回して自分だけのチームを作る……というのが妙に中毒性があった。俺の中では良作。

『タクティクスレイヤー』
着せ替えシミュレーションRPG。とにかく着せ替えゲー。適当にも見えるあっさりなシナリオ、タクティクスオウガをパクリそこねたような出来の悪い戦闘システム、全体に漂うチープな雰囲気……しかしこのゲームは間違ってない。そう、着せ替えにこだわったことは、決して間違いではないのだ!人にオススメしようとは絶対思わないけど、個人的には嫌いじゃないぜ!

『無限航路』 ★
出来の悪いインターフェイスに詰め切れてない戦闘システム、期待外れな艦船カスタマイズ要素などツッコミ所は多々あれど、個人的にはかなり楽しめたスペースオペラ風RPG。癖のあるキャラと壮大でぶっ飛んだシナリオが割とツボ。詳しくは過去にレビューが(ry

『ドラゴンクエスト9』
今振り返っても、すれ違い通信以外イマイチ記憶に残っていない大作RPG。ここで繰り返し不満をぶちまけるのもアレなので、やっぱり過去のレビューをご覧ください。

『ラブプラス』 ★
ギャルゲというジャンルで久しぶりに「これは新しい…!」と衝撃を受けたゲーム。「画面の中の恋人」という発想はもちろんあったわけだけど、それを1本のゲームとして作り上げてしまったのが凄い。間違いなく人を選ぶ内容ながら(現に俺自身はそこまでハマってない)、歴史に残る作品だと思う。凄いよラブプラス!

『アイドルマスターディアリースターズ』
実は序盤だけプレイした。そして案の定なグラフィックに萎えてそのまま。PSPでさえ厳しいのに、やっぱりアイマスはDSで出すゲームじゃないよ……男の娘は素晴らしかったですが。ある意味これによって俺も目覚めてしまっ……しまってないよ!?

『真・女神転生ストレンジジャーニー』
女神転生シリーズの最新作ということでかなり期待してたけど、そこまでハマらず結局放置。全体的に見れば丁寧な作りながら、防げない状態異常を連打してくるボスや異様に意地の悪いトラップまみれのダンジョンなど、ストレスを感じることが多かった印象。あとデビルCO-OPもイマイチ面白いと思えず。

『もえたんDS』
ネタで買って、ほとんどネタにもならなかった残念なゲーム。意外と高い難易度が予想外。元の萌え参考書である『もえたん』は書籍ゆえに「ページを開けば萌えキャラが見られる」という利点があったのでまぁ良かったんだけど、ゲームにすると「萌えを求めてるのにそこに辿り着くまでにハードルがある」というのが何気に痛い。
正直、ゲーム向けの題材ではなかったんじゃないかと。これだと誰が得をするのかよくわからない作りになってしまっている。

『極限脱出 9時間9人9の扉』 ★★
タッチペンを活用した脱出系アドベンチャー。個人的に予想外のヒット作。脱出の仕掛けなんかは割と低難度で、しかも周回プレイになると毎回同じ仕掛けを解かなければならないというストレスはあったものの、しかしこのゲームで俺が最も評価しているのはシナリオと演出。
俺も周回プレイの繰り返しに萎えたけど、最後の最後で評価が急上昇。クリア後にwikiのネタバレ考察を見て更に上昇。正直今年プレイしたゲームでは、シュタインズゲートと並んでシナリオの評価は高い。お見事。


以上終了!ぐはー!
据え置きより何がつらかったって、本数が多いってことより1本1本の印象が薄いってこと……どうも気軽に遊べる分、印象にも残らないようで。

まぁしかし、来年もPSPとDSは多いんだろうなと思う。国内メーカーの力の入れ具合もあるし。
でも個人的にはもうちょっと厳選して遊ぼうと思います……何かどう見ても余計なものを買い過ぎてる。

はい、これをもって全64本のレビューを終了致します。
えー本来なら66本予定だったのですが、ゲームアーカイブスの2本は昔のゲームだし書く内容も思いつかないしでスルーさせて頂きました。ご了承ください。


それでは良いお年を。
来年も適当な感じで更新していくと思いますが、暇を持て余した際には覗いてくれると幸いであります。


【オススメタイトルのAmazonリンク】
※めんどくさいので★★以上のみにしました
ゲームレビュー | 【2009-12-29(Tue) 02:55:16】 | Trackback:(0) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。