プロフィール

hiero(仮)

Author:hiero(仮)
当初はMHFメインだったものの、気づいたらマゾゲやったりエロゲやったりゲームレビューを書いたりと、どこへ向かっているのか自分でもよくわからないブログ。

メールはコチラ
感想・質問など何でもどうぞ。

忘れてましたがリンクフリー。ただ余り大きい所にリンク張られると中の人がビビるのでご注意ください。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
思い出に残るゲーム・スーパーファミコン編
別に好評でもなさそうだけど思い出に残るゲーム特集が続きます。
ちなみにここ最近更新頻度が上がってるのは、頑張ってやってるというよりは数ヶ月前に書いたまま放置してたモノを引っ張り出し(ry

ところで拍手コメで「(レビューで)点数つけないの?」と聞かれましたが、付けた方が良いんでしょうかね。
まぁ付けたとしても相当適当な感じになると思われますので、気が向いたら程度でやっていきます。なお思い出に残るゲーム特集では点数付けられるほど詳細を覚えてないので今回は無しです。

さて今回は何故かファミコンよりも記憶が曖昧なスーパーファミコン編。
以下続く。


■『エストポリス伝記Ⅱ』(タイトー)
面白かった!面白かった……という記憶は鮮明にあるんだけど、具体的に何がと言われるとイマイチ思い出せない。まぁ良く出来たRPGだったんだと思います。特にストーリーが良かったような朧気な記憶。
このⅡはⅠの過去のストーリーで、実は全三部作予定でⅢが完結編になる予定だった……はず(<曖昧)なのですが、結局Ⅲは発売されませんでした。大人の事情とか色々あったようで。つーかWiiのヴァーチャルコンソールでコレ配信して欲しいんですけど、やっぱり無理なんでしょうかね。

■『ファイアーエムブレム紋章の謎』(任天堂)
俺がファイアーエムブレムにハマる切っ掛けになった記念すべきタイトル。いや実際はファミコンの暗黒竜もプレイしたんですが、セーブデータが消えまくって結局クリア出来なかったという苦い思い出。
確かDS版のレビュー時にもチラッと書きましたが、コレの発売日が確か1月末で、当時中学3年生で受験を間近に控えていた俺は受験が終わるまでは我慢……出来ずに滑り止め高校の受験の帰路で買ってしまう→本命受験の前日まで全力プレイ\(^o^)/という流れが非常に思い出深いです。あ、受験は何故か受かりました。
なおDS版については俺の中で無かったことになってますのでその点はご了承願います。DS版やるくらいならWiiのヴァーチャルコンソールで800円くらいで落とせるのでそっちやった方が良いと個人的に思う。俺は落とすだけ落としてやってないんですけどね!

■『ファイアーエムブレム聖戦の系譜』(任天堂)
まさかの子作りシステム搭載。正直ファイアーエムブレムが挑戦的でS・RPGというジャンルの先駆け的立場であったのは、この作品までな気がします。(これ以降は守りに入ってしまったイメージがある。まぁそれはそれで良いんですが)
親子二代に渡る壮大なストーリー、以後のシリーズでお馴染みになるスキルシステムの実装、魅力的なキャラクター達……とにかく色々と意欲的だった作品。キャラ同士の掛け合わせによって生まれてくる子供の能力や見た目が変化する要素も、シリーズでコレだけ。昔からのFEファンの中でもかなり人気の高い作品じゃないでしょーか。俺も思い出的には紋章の謎だけど、一番ハマったのは聖戦の系譜でした。寝食忘れる程度のハマりっぷり。
なおこれについてもWiiのヴァーチャルコンソールで配信されてるので、今でもプレイ出来るのはグー。ただし続編のトラキア776は激烈難易度なのでご注意ください。俺はクリアしましたが。つーか俺の中では難しかったというより、スーファミ書き換えROMの書き込みに失敗してて17章くらいでフリーズして全く進めなくなり、結局1からやり直すハメになったことの方が記憶に鮮明です。アレは泣けた……

■『タクティクスオウガ』(クエスト)
今発売されているシミュレーションRPGのほとんどが影響を受けているんじゃないかと思われる、金字塔作品。というか今でもこれを超えるS・RPGは出ていないんじゃないかとさえ思わせるゲーム。何をもって超えたと判断するのかは難しいトコですが。
民族紛争をベースにした重厚なストーリー、主人公の選択によってルートが大きく3つに分岐するという構成(当然マルチエンド)、数多くの名言を生んだキャラクターの会話、クォータービュー視点・ユニットの高さ&向きの概念・ウェイトターン制などのシステム実装……えーと、とにかく凄い!もう凄い!(<これはひどい)
S・RPG好きならやってない方がおかしいとも言える作品ですが、移植されたPS版やSS版も普通にプレミア価格が付いてたりするので、やりたいと思っても入手しづらいかもしれません。ただ最近ヴァーチャルコンソールで前作『伝説のオウガバトル』(※全然システム違う)が配信されたようなので、そのうちタクティクスオウガも配信されるかもしれませんね。プレイしてない人は要チェック。
しかしオウガバトルサーガって全8章構成だったはずだけど、結局完結することはなさそうね……何とも残念な話ではあります。

■『ストリートファイターⅡ』(カプコン)
2D格闘ゲームの火付け役となったゲーム。コレも知らない人の方が珍しいでしょう。俺も中学生時代に買って、指が痛くなるまで昇竜拳の練習したり毎日家に友達呼んで対戦とかしてました……あぁ懐かしい。
書くことは以上!って感じなんですが、ところで今度発売されるストリートファイター4はどうなんでしょうかね。映像見てると懐かしい気分になるので、気になると言えば気になる。でも最近の格闘ゲームは付いていけないんだオジサン……

以上、実はもっと色々あったような気はするんですが思い出せないのでこの辺で。
唐突に『スーパー伊忍道』を何故か思い出しましたが、当時ハマってた記憶はあるけど内容をサッパリ思い出せないのでやっぱり無しで。あとドラクエ5の存在を思い出したついでに何故ファミコン編で一番プレイ時間が長かったはずのドラクエ3を入れてないのか我ながら疑問に思いましたが、まぁいいか!
ゲームレビュー | 【2008-11-28(Fri) 23:22:11】 | Trackback:(0) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。