プロフィール

hiero(仮)

Author:hiero(仮)
当初はMHFメインだったものの、気づいたらマゾゲやったりエロゲやったりゲームレビューを書いたりと、どこへ向かっているのか自分でもよくわからないブログ。

メールはコチラ
感想・質問など何でもどうぞ。

忘れてましたがリンクフリー。ただ余り大きい所にリンク張られると中の人がビビるのでご注意ください。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
『スーパーロボット大戦オリジナルジェネレーションズ』(PS2)
タイトル:『スーパーロボット大戦オリジナルジェネレーションズ』
ハード:PS2
発売日:2007年6月28日
メーカー:バンプレスト
ジャンル:スパロボ
状態:クリア
プレイ時間:たぶん100時間以上

微妙過ぎてお蔵入りしかけていたゲームレビューその1。
まとめて放出することでその微妙さを何とか誤魔化せたらいいな!的な狙いが……あるんだけどそれネタバレした時点でもうまるで意味がありません。しまった!

何でスパロボZじゃなくて今更OGなの?なんていう質問には、例え純粋無垢な少女が相手であっても答えません。
はいはいサクサクいくよー!(目を逸らしつつ)


■概要
ゲームボーイアドバンスで昔発売された『スーパーロボット大戦OG』と『スーパーロボット大戦OG2』をリメイクしてひとまとめにしたゲーム。よってボリューム的には非常にお得感があります。確かスパロボシリーズの中で最もステージ数が多いんだとか。
正式名称が「オリジナルジェネレーション」と銘打ってるだけに、バンプレストがこれまでのシリーズで登場させてきたオリジナルキャラ&メカのみの出演となっています。ある意味オールスター。つーかそれだけで一本のゲームが出来てしまうんだから、本当にこのシリーズは長く続いてるんだなぁ……と感慨深く思わないでもない。

■ゲームシステム
基本はいつも通りのスパロボ。2機でコンビを組める「ツインユニット」システムは、αシリーズの小隊システムほど面倒じゃなく、かつそれなりに戦略性があってなかなか。小隊システムもアレはアレで嫌いではないですが。
で……うん、基本はやっぱりいつも通りのスパロボです。元が携帯機向けだっただけに、若干敵のHPとかが控えめな印象も。

■シナリオ
原作付きのスパロボと異なり、自由に話を構築出来るオリジナルだけに、シナリオのまとまりという意味ではスパロボシリーズの中では上位にあると思います。普通のスパロボだと原作ごとに敵勢力があって、一つ潰したら新しく出てきて……の繰り返しで最終的には何と戦ってるのかわからなくなることも多いし。
原作が無いので特に予備知識も必要無いってのもポイント。最近のスパロボはホント参戦作品がわからないんだよな俺……

■グラフィック
相変わらず戦闘アニメへの力の入れっぷりが尋常じゃない。職人芸です。演出も異常に力が入ってたりするので、必殺武器同士の戦闘になると数分間戦闘見てるだけ状態になる程。こいつは色々な意味でスゲーぜ。
まぁ戦闘アニメOFFにも出来るし○ボタン押しっぱなしでアニメ早送りが出来たりもするんで、ストレスに感じることはありません。こういうとこの丁寧さは長年シリーズを続けてきたスパロボならではと言えるでしょう。

■お気に入りキャラ
本命ラトゥーニ、対抗ミズホ……え、年齢が気になる?そこはスルーしてください。
男キャラではレーツェル兄さんの傍若無人っぷりが大好きです。

■総評
個人的には満足の一本。リメイクながら手抜き感がどこにも見られず、シナリオ・キャラ・グラフィック・サウンド・ボリュームなど全ての面において充実した内容でありました。
まー「スパロボは原作あってナンボだ!」「オリジナルキャラなんていらねぇ!」な人は決して触れない方が良いと思いますが、そうでないなら割とスパロボシリーズの中でもオススメ出来るタイトルなんじゃないかと思います。入門編としても悪くない。ただ、これをやっただけじゃ伏線が残りまくりで、続編であるOG外伝をプレイすることである程度回収出来た……と思いきやまた新たな伏線が大量発生するという点には注意。OG3は一体いつ発売されるのやら。

■オマケ:外伝レビュウ
うん、基本変わらず。話が思いっきり繋がってるので、OGが楽しめた人は外伝やるべき。OGやってない人は外伝に触れてはいけない。
まぁボリュームが少なかったりシナリオの終わり方がアレだったり一部ユニットがバランスブレイカーになってたりするのがアレですけども、まぁスパロボだし。スパロボは基本的にキャラゲーです。そう考えれば多少甘いところがあっても許せる気がするという……ふしぎ!
ゲームレビュー | 【2008-11-19(Wed) 23:42:33】 | Trackback:(0) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。